クラフトタウン

【体験レポート】クライ・ムキ式ソーイングスクール 1080円体験講習会

2017年9月20日

クライ・ムキ式ソーイングスクールでは、入会前に教室の雰囲気や作品作りの過程を知っていただける体験講習会を全店で実施しております。
受講料+材料費を合わせて1080円(税込)の講習会では、およそ2時間で1着のお洋服を作ることができます。
今回、ソーイングビギナーのWEB担当・Mが実際にこの体験講習会に参加。その様子をご紹介します!

クラフトグループ約230店舗にてクライ・ムキ式ソーイングスクール開講中!

今回訪れたのは、2017年夏にリニューアルしたクラフトハートトーカイ栄NOVA店の中にあるクライ・ムキ式ソーイングスクール。
名古屋市営地下鉄「栄」駅の地下街から店舗まで直接行ける、立地に恵まれた店舗です。
エスカレーターを上ると右手側にはビーズをメインとする手芸品売り場と体験講習スペースが。
そのスペースの奥にあるのが栄NOVA店のクライ・ムキ式ソーイングスクールです。

クライ・ムキ式ソーイングスクール 体験講習会の様子 クライ・ムキ式ソーイングスクール 体験講習会の様子

店舗スペース内にありますが、周囲を高い什器などで囲んでいるので、他のお客様の視線を気にすることなく作業に集中できそうです。
この日の午前中は他に2名の生徒さんがいらっしゃって、制作に励んでいらっしゃいました。

5種類のパターン&たくさんの生地から作りたいものを選択

現在、クライ・ムキ式ソーイングスクールの体験講習会で制作できるアイテムは、ボトルネックドルマンTシャツ(半袖・長袖)、マーガレット、ゴムスカード、ゴムハーフパンツの全5種類。
体験講習会2時間の中で、お好きな1着をお作りいただきます。
その中でもソーイングに自信のない方におすすめなのが「ボトルネックドルマンTシャツ」と「マーガレット」とのこと。
ミシンを使うのは学生時代ぶりのソーイング初心者であるMは、マーガレットを選びました。

そして使用する生地ですが、なんと、スクール内にある【体験講習会対象生地】というタグがついた生地から、好きな生地を選べるのです!
体験講習会なのに、自分好みのアイテムを作れるのは嬉しいですね♪

尚、今回は先生が事前にカットしてくださった天竺生地を使用します。
(実際の講習でもカッティングは事前に先生がしてくださるそうです)

いよいよ講習スタート!

まずはじめに、ロックミシンの使い方を教えていただきました。

クライ・ムキ式ソーイングスクール 体験講習会の様子

ロックミシンといえば、縫いながら生地を断裁してくれる魅惑のミシン。
ですが、今回はカットすることなく縫っていきます。

クライ・ムキ式ソーイングスクール 体験講習会の様子 クライ・ムキ式ソーイングスクール 体験講習会の様子

先生にロックミシンの説明とお手本を見せてもらい、その後ハギレを使ってロックミシンの練習をします。
ハギレを真っ直ぐ縫うだけですが、初めてなのでドキドキ。

初ロックミシンの縫い目はこちら。う、うーん!

まち針ではなくクリップ……予想外のソーイングアイテムが登場!

クライ・ムキ式ソーイングスクール 体験講習会の様子

クライ・ムキ式ソーイングでは、生地の留めにまち針を使用せず、クリップを使います。

クライ・ムキ式ソーイングスクール 体験講習会の様子

生地を折り、ズレないようにクリップを止めていきます。
そしていよいよロックミシン本番!

クライ・ムキ式ソーイングスクール 体験講習会の様子

じっくり、少しずつ縫っていっています。

クライ・ムキ式ソーイングスクール 体験講習会の様子

縫い上がりがこちら! 右の方の生地の巻き込みはダメな例です(汗)

「屏風畳み縫い」で作るシンプルリブ

初めに縫ったのは袖から脇にかけての部分です。
そして次は縫う距離の長い裾部分を縫い上げていきます。
裾と袖はリブで仕上げるのですが、ここでクライ・ムキ式らしい技法が登場します。
その名も、屏風畳み縫い
生地を屏風のように2度折り、生地の端と折り目を合わせて縫うと、リブができ上がっているという、まるで魔法のようなロックミシン技法です。

クライ・ムキ式ソーイングスクール 体験講習会の様子

まずはハギレで試します。先生に折り方を教えていただき、早速縫ってみます……。

クライ・ムキ式ソーイングスクール 体験講習会の様子

縫い目はこんな感じ。これを広げるとリブになります!(広げた写真がなくてごめんなさい!)

そして本番。「屏風畳み縫い」で裾を縫っていきます。

クライ・ムキ式ソーイングスクール 体験講習会の様子

生地を折って、クリップで留めて……

クライ・ムキ式ソーイングスクール 体験講習会の様子

ミシンで長い距離をひたすら縫っていきます!

クライ・ムキ式ソーイングスクール 体験講習会の様子

おっ、今度は綺麗!?

クライ・ムキ式ソーイングスクール 体験講習会の様子

脇部分の縫い目を縦断する時は要注意!
縫い目を合わせて、ズレないように繊細にロックミシンを進めていきます。
(片側は先生がお手本に縫ってくださいました)

クライ・ムキ式ソーイングスクール 体験講習会の様子

無事に縫い終わりました。糸を引き出し、切ります。

脇・裾を縫って、今度は袖口。完成間近!

クライ・ムキ式ソーイングスクール 体験講習会の様子

続いて、同じく屏風畳み縫いで袖口を縫っていきます。
裾と違って縫う距離は短いですが、小さな筒型なのでちょっと難しそう。
ここも最初は先生がお手本で縫ってくださったので、安心して縫い始められます。

クライ・ムキ式ソーイングスクール 体験講習会の様子

ここまでくる頃にはだいぶロックミシンに慣れてきています!

クライ・ムキ式ソーイングスクール 体験講習会の様子

両方の袖口を縫って、これでロックミシンは終了です!

クライ・ムキ式ソーイングスクール 体験講習会の様子

糸の始末の仕方もしっかり教えていただけます。
(固結びができず、最後の最後、先生に情けないヘルプを求めました……苦笑)

クライ・ムキ式ソーイングスクール 体験講習会の様子

無事、完成しました!
開始から完成までの時間はおよそ1時間30分。ソーイングや洋服作りについて右も左も分からないようなわたしでも、本当に2時間の講習できちんとした1着を作れてしまいました!
袖を通した瞬間の感動はひとしお。自分で自分の服を作る楽しさ、そして作った服を着たときの充足感。
本当に貴重な体験ができました。

ご指導いただいた近藤先生。この度はお時間をくださりありがとうございました!

クライ・ムキ式ソーイングスクール 体験講習会の様子

今回ご指導いただいたのは、クラフトハートトーカイ栄NOVA店の近藤先生。
実は先生がこの日お召しになっていたこのステキなお洋服もクライ・ムキ式ソーイングスクールのパターンを使用して作られたそうです。
カジュアルでいてかわいらしさもあるセットアップは、年齢問わずたくさんの方に着ていただけそうなデザインです☆
そして近藤先生はソーイングはもちろんですが、ロックミシンにとても詳しく、たくさんのお話を聞かせてくださいました。
お忙しい中ご対応いただき本当にありがとうございました。

PAGE TOP