クラフトタウン

手芸のキホン 手作りQ&A

生地編

柄合わせをするとき、
どのくらい余裕をもって生地を用意すればいいですか?

柄の大きさにもよりますが(柄の一送り分)、通常より2~3割多く必要になります。
パネル柄、流れ柄、プリントに方向のある生地、格子柄などは断ち合わせが必要です。
また、別珍、コール天、スエードなどは一方向に裁つ必要があり、
差し込みができませんので、注意しましょう。

オーガニックコットンとは?

3年間、農薬や化学肥料を使わない土壌で、有機栽培された綿花を使用した商品です。
加工の段階でも化学処理を行わず製造されています。

ベビー向けの生地はありますか?

タオル生地、ガーゼ生地、ベビースムース、綿サテン、オーガニックコットン(有色綿)、
抗菌加工生地など、綿100%で手触りの柔らかい生地がおすすめです。
ベビー用のノンホルマリン加工生地もあります。

地直しとは?

買ってきたばかりの布には隙間や歪みがあります。
その状態のまま服を作ってしまうと、洗濯することで目が詰まったり縮んだりし、
衣服のシルエットが崩れる恐れがあります。
これを防ぐために、裁断する前の布にあらかじめ湿気を与えたり、
アイロンを当てることで布目を整えることを「地直し」と言います。
地直しの方法は生地の種類により異なってきますので、
詳しくはご購入の際、店舗スタッフにお問い合わせください。

PAGE TOP